大学ローバーキャンプ2014

3月17日〜18日にかけて、慶應ローバー主催の大学ローバーキャンプが
行われました。以下、企画代表の山本スカウトの報告です。御覧ください!
慶應ローバーからは1年の山本・小熊・中之薗・黒澤スカウトが参加しました。

photo1 (1)
大学ローバーキャンプを実施して
慶應ローバー2年 山本芳朗

3/17,18日にかけて大学ローバーの合同キャンプを行いました。当日には慶應、早稲田、上智、明治、中央、立教の6校から参加者が集まりました。
開催にあたっては慶應ローバーの自分達が提案者となり12月頃から各校を集めてミーティングを行ってきました。慶應主導となり過ぎないように各校の意見を積極的に取り入れていくスタンスで計画を立ててきましたが、各校の予定が合いにくくイレギュラーな事態も多かったため、計画が思うように捗らずこんな状況で当日楽しくキャンプ出来るのかというモチベーションの問題から一時は中止したほうがいいのでは、とも考えました。
しかし前日の晩まで悩んでいた自分に他のメンバーから、キャンプなんて実際やってしまえば楽しいものなのだから悩まずに気楽にやればいいという言葉を受け、結果はどうであれ開催することを決意しました。
キャンプ当日は朝から備品が予想外に足りない状況など様々な問題が生じましたが、企画メンバーが協力して柔軟に対応してくれたおかげで参加者皆が楽しめるものとなりました。予定時間通りにはうまく行きませんでしたが、自分の懸念していたキャンプを楽しめているかという疑問は払拭され、特にキャンプの最後に皆に胴上げされた時は開催して本当に良かったと心から思いました。
反省点は色々と浮かびますが、皆が感じたこのキャンプの楽しさが今後の継続的な交流に繋がればと思います。
よしろー

続いて小熊スカウトの感想です。

3月17〜18日に行われた大学ローバーキャンプは、私にとっても大学ローバーにとっても有意義なものとなりました。
今回の目的目標は、他大学ローバー間に交流の架け橋を作ること、今後の交流に繋げることでした。
計画段階では、思うようにいかず難航する場面もありましたが、当日は中之園の車の補助や芳郎の団からの備品提供、そしてスカウト達が意欲的にプログラムに参加してくれたことで、スムーズに予定が運びました。
また、大学混成班でのチーム対抗しっぽとりや料理作りによって、すぐに大学関係なく打ち解け合うことがでました。
多少の予定変更やトラブルはあったものの、当初の目的と目標は達成できたと思います。
そしてなにより楽しかったため、次回も参加したいです。photo1

photo2

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください