慶應ローバー2016年忘年会が行われました!

街にイルミネーションが輝く季節となり今年の終わりが少しずつ意識される中、先日12月17日(土)に慶應ローバー2016年忘年会が武ノ蔵田町本店にて行われ、現役8名、OBの皆さま12名が参加しました!
今回は、忘年会に参加した現役隊員4名に忘年会の様子を振り返ってもらいたいと思います。
 

3年 北村隊員

今回の忘年会で最も印象的だったのは、OBの方が現役時代の昔のボーイスカウトハンドブックを持参してきていた事です。おきてが12あった際のハンドブックで、現役スカウトが現行のおきてを一つずつ挙げ、OBの方々が無くなったおきてを挙げたり、当時の進歩課程の話を聞くことが出来たりと大いに盛り上がりました。
他にも当時キャプテンだったOBの方々から昔の慶應ローバーの運営について伺うなど、OBの皆様の慶應ローバー愛が感じられる忘年会でした。
 

3年 中圓尾隊員

今年もいつの間にか忘年会シーズンを迎えていました。忘れなければならないほど充実した一年を過ごすことができただろうか‥とふと疑問に感じましたが、思い返せば、一年間様々な活動の思い出がどんどん甦ってきてびっくりしています。なんだかんだ、とっても楽しい一年間でした。
私は今年一年間、慶應ローバーの代表を務めました。楽しいことも大変なこともたくさんありました。忘年会ではOBの皆様、先輩方から、活動に対して様々なご意見をいただきました。正直、様々な方の意見に耳を傾け、それについて考えるということはちょっとめんどくさいな、という気持ちになることもあります。しかしやはりそこから得られる気づきややる気はとても大きいですし、腹を割って自分の意見を話すことができる忘年会はとても有意義だったなと感じました。活動に対して意見をいただいた皆様に感謝したいと思います。
息をつく暇もなく、2017年がやってきます。時代に取り残されず、むしろ時代をリードするスカウティングを目指して、今後も活動をしていきたいと思います。
みなさん今年一年お疲れ様でした。
 

4年 阿部隊員

今年で4回目、学生最後の参加となった忘年会でした。物怖じしてOBの方へ声をかけられなかった1年生の時と振り返ると、この4年間であらゆる世代のOBの皆様との交流の輪が拡がったと感じています。
特に23WSJでの「慶應ローバーの家」で現役・OBが混ざって同じ屋根の下で交流出来たことは大きかったですね。世代間を越えて一つのイベントを共有・体験できるのもボーイスカウト活動の魅力だと、改めて実感しました。年の瀬ですから、「今年はこうだった」「来年は何しよう」という話でもちきりでした。
来夏は、モンゴル・米国・イギリス・アイスランドと、国際キャンプイベント尽くしです。1〜3年生は是非一緒に海外派遣に応募をして、大学生時代唯一無二の経験を積んで欲しいです。
 

4年 中之薗隊員

来年9月に慶應ローバーが60周年を迎えることもあり、今年の忘年会には、自分が所属した過去4年間で最も多くのOBの皆様が参加してくださいました。
数年ぶりに慶應ローバーの活動に参加してくださった方もいらっしゃり、スカウト三田会の層の厚さを改めて感じました。
私も来年大学を卒業し、活気のあるスカウト三田会の一員に加わりますので、今まで支援していただいた以上に、現役隊員に対して恩返しをしていきたいと思っています。
来年9月に行われる60周年記念式典に関しましても、現役中心に計画を進めておりますので、皆様ぜひご参加いただければと思います。
参加してくださったOBの皆様、本当にありがとうございました。

このように、各々が慶應ローバーそして各自のスカウト活動の歴史とこれからについて思いを巡らせるきっかけとなった忘年会となりました。
また、今回の忘年会ではさらに慶應ローバーの活動を盛り上げるため、SFCキャンパスでの活動の活性化、連携の強化を目的として新たに慶應ローバー藤沢代表の任命が正式に行われるなどしました。

今後も、OBの方々の力も借りながら我々現役隊員がさらに慶應ローバーの活動を盛り上げて行きたいと思います!
2017年も慶應ローバーの活動にご注目ください!!

現役OB共に忘年会を楽しみました!
現役OB共に忘年会を楽しみました!

100kmハイクに挑戦しました!

こんにちは!

今年は2名の隊員が100kmハイクに挑戦しました!長い道のりを苦しみながらも励ましあい、無事完歩することができました。

 

二人の感想です。

 

塩沢

50回と言う記念すべき回に完歩することが出来て大変嬉しいです。
今回が初参加ということで、事前練習をしっかりしていたことが功を奏しました。練習でキャンパスから自宅までの約30kmを1人で歩いたこともありました。ただ、本番は予想以上に辛いものでした。40km地点で膝に激痛が走り、50km地点から、足を休めても痛みが全く取れないという状況になりました。しかし、バディやサポート部隊に鼓舞され、結果として完歩することが出来ました。
今回の反省点は「当日の装備」の2点です。
①下着・・・ヒートテックは汗が乾きませんでした。本当に失敗です。
②靴・・・中学の部活で履いていた古いランニングシューズでした。新調した登山靴などにしていれば、痛みが軽減されたのかな?と思います。
以上のことを今後に生かしていきたいです。
最後に。100キロハイクは、根性で自分と戦い、周りの支援に感謝することが出来る素晴らしいイベントです。足の激痛に耐える為に、ペットボトルを握り潰しながら、涙を流した経験は精神的•肉体的にも自分を成長させたと思います。今後はサポート部隊として催しに貢献したい思います。

 

 

鈴村さん

第50回100kmハイクに4年鈴村と3年塩沢が参加しました!

今年の100kmハイクは50回目という記念の大会で、東京以外のスカウトの参加者も多く、400名近くの参加があったそうです。

塩沢くんは初挑戦で、私は3回目の挑戦で、バディを組んでの参加でした。

結果から言いますと、なんと、完歩しました!

完歩できたといっても、タイムは23時間40分という結構ギリギリのタイムでしたが、3回目の挑戦だった私にとっては快挙です!ゴールしたとき、今まで感じたことのない大きい達成感を感じました。

でも実は、足が痛すぎて、途中リタイアを考えることもありました。
そんなとき、サポート部隊のみんなに励まされ、歩き続けることができました。

今回の100kmハイクに参加して、一番強く感じたことは支えてくれる人がたくさんいるということです!

バディの塩沢くんがいたこと、サポート部隊の応援があったこと、各チェックポイントで背中を押してくれる人がいたこと、応援の電話をくださったOBさんや愛知の仲間がいたこと…

最後は自分との闘いなのですが、たくさんの人の関わりがこの23時間40分の間に詰まっていました。
たくさんの人が応援してくれて、本当に嬉しかったです!

慶應ローバーでは、100kmハイク完歩しないと、慶應ローバーとしてどうなの?みたいなイジリがありますが、後輩にも是非経験してほしいですし、これから私もイジる側に回って後輩をつつきたいと思います。笑

 

s__123904009

 

s__123904019

二人を一晩支えたサポート部隊の塙くんの感想です。

 

100キロハイクサポート部隊
サポート部隊フル参加しました、はなわです。
私たちの主な役割としてはチェックポイントでの隊員へのサポートです。
お菓子をあげたり、から揚げ棒渡したり、靴を変えてあげたり。。。
ハイクが終盤になると、もはや介護の部類に当てはまります(笑)

特につらいと思ったことは待ち時間ですね。
車で移動していたので歩きで3時間かかるところに20分ほどで着いてしまいます。
そこで睡魔と戦いながら待ち続けることは正直大変ではありました。
あと、100キロハイク参加者と違って足は痛くならないですが、座りすぎて腰が痛くなっちゃいます。
ぜいたくな悩みです(笑)

まぁ、100キロハイクを完歩しなければサポート部隊にはなれないので、サポート部隊になりたいという人はまず完歩を目指してください!!
みなさんの完歩をしっかりサポートさせていただきます!

s__123904017

s__123904027

60周年キックオフBBQ会!

 

去る10月23日、慶應ローバー60周年記念事業第一弾となる「キックオフBBQ会」が大黒海釣り公園にて開催されました!

bbq_7731

現役、OB総勢30名以上が集まり、60周年の始まりにふさわしい盛会となりました!

 

bbq_1554

 

bbq_5060

鈴木育成会長のありがたいお話。現役一同ますます身が引き締まる思いです!

 

bbq_2315

bbq_4324

60周年を記念して、スカウト三田会より新しい三色旗をいただきました。大切に使用させていただきます。

bbq_2451

四年生のみなさん、就職活動お疲れ様でした!暇ならもっと活動にきてもらっていいんですよ?笑

 

BBQ会に参加した、一年東くんの感想です。

僕は、他の用事が重なって富士登山や島キャンプに参加できなかったため、久しぶりに参加出来る今回のイベントを本当に楽しみにしていました。

そして、待ちに待ったOBとの交流会。
 天候にも恵まれ、絶好のBBQ日和でした!!

場所も海沿いで、風が心地よく、お肉や野菜もより一層美味しく感じました。

そんな素晴らしい自然の中で、先輩方をはじめ、たくさんのOB・OGの方からいろんな話を聞くことができ、とても良い刺激になりました!

中にはボーイスカウト歴60年以上の大ベテランの方ともお話ができ、貴重な経験ができました。

そしてボーイスカウト証明書受け取った時は
 ボーイスカウトとして認められた!
 という感じがして、胸が高鳴りました。

慶應ローバー60周年に関連した活動がこれから増えていくので積極的に参加していきたいと思います!

続いて、四年生、工藤さんの感想です。

節目の年を2ヶ月後に控える中で行われた今回の企画が無事終了し,60周年を迎えるにあたって良いスタートが切れたと思います.

今年の6月に行われた三田会より少し人数が少ない中ではありましたが、同じテーブルを囲って学年や年齢など関係なしに歓談をすることができました.

60年という月日を皆が意識した中での開催ということもあり,先輩方のお話をお聞きする中で,現役生なりにではありますがその月日の長さを意識する機会になりました.

今回の企画を皮切りに,来年が慶應ローバーにとって充実した年となるよう,OBOGの皆様方のお力もお借りしながら,一体となって盛り上げていきたいと思います.

 

今後も慶應ローバーの活動にご注目ください!

 

 

 

1 2 3 4 5 33