神奈川連盟主催海外派遣報告会

11月9日 10:00~14:00まで神奈川スカウト会館で行われた

海外派遣報告会に、法学部2年の阿部スカウト、

原科スカウトが登壇しました。

以下、阿部スカウトからの報告です。10387386_1003580609667771_3093713967767616353_n

平成25年度富士章特別海外派遣の報告をしました。

<富士章特別海外派遣のFacebookページはこちら>

 

特別海外派遣だけでなく、以下の海外派遣の報告も行われました。

■ボルチモア派遣(アメリカメリーランド州と神奈川連盟川崎地区との交流プログラム)

■韓日、日韓フォーラム

■日韓スカウト交歓計画

■CJKベンチャープロジェクト

■アイルランド派遣

■CJK-Bプロジェクト

■台湾派遣

 

ベンチャーからローバー世代のスカウトが

それぞれ感じ取ったことをスライドにまとめ

プレゼンテーションを行っていました。

特に、ボルチモア派遣、アイルランド派遣と韓日スカウトフォーラムは

個人的に大変魅力を感じました。

ここで、いくつか紹介させていただきます。

 

■アイルランド派遣 2014年8月10日~9月26日

アイルランドは、北海道ほどの国土面積をもつ国です。

国立キャンプ場のスタッフを1ヶ月以上行うことで

英語力の向上、国際交流を深めるものです。

1000人のスカウトとキャンプに参加することで

欧米式のダイナミックなファイアーに触れた時の感想は印象的でした。

24時をまわるまで、炎も彼等の対話も続いていたそうです。

アイルランドだけでなく、ドイツなど世界中から集まった

スカウトとの交流も経験したそうです。

ロッククライミングなどのハイアドベンチャーにはじまり

キャンプ場の整備、Sea Scoutという海を拠点に活動をするスカウト団との交流…。

皆さん、是非参加してみてはいかがでしょうか?

 

■韓日フォーラム

日本と韓国のスカウトがあるテーマのもと一緒にディスカッションをすることを

通して、問題を発見、解決する能力を身につけるプログラムです。

地球温暖化による環境変化、間伐や災害などにより多大な被害が被ることで

貧しい生活を強いられている人々が世界中にいることを知り、カブスカウトの

頃から自身にできることはないか考え行動されてきた神奈川連盟鎌倉第2団の安部さん。

事前研究で英語と日本語の小論文を作成、プログラム期間中はディスカッションを

行い、提言文まで作成し「平和の騎士」であるスカウトとしてできることは

何かを考える良い機会となったようです。韓国のスカウトとの対話をとおして、

様々な意見や新たな可能性を感じ取れる素敵な機会ですね。

 

彼等が口を揃えていたのは、「第23回世界スカウトジャンボリーに向けて

自分にできることを考える」ー世界という新たなステージにたった彼等の

無限の可能性に期待したいと思いました。

 

後半戦では、SCK-Bプロジェクトの派遣報告を行った原科スカウトからの

報告をお楽しみください!

 

今回の報告会を企画してくださった神奈川連盟の皆様、

指導者の皆様、来場してくださったスカウトの皆様、誠にありがとうございました。

ローバースカウトとして彼等に、より海外派遣の魅力を発信し続けたいです。

 

活動に興味のある皆様は、ぜひお問い合わせフォームより気軽にご連絡、ご質問ください!

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください